歯を失った方へ

歯を失ったときの治療方法

歯を失ったときにそのままにしておくと見た目が悪いほか、噛み合わせも悪くなり、おいしく食べられなくなる可能性が高くなります。他の歯にかかる負担も増してしまいます。そのため、人工歯を補う治療を行いますが、その方法としては入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つが挙げられます。

インプラントについて

インプラントとは

あごの骨に人工歯根を埋め込む方法です

インプラントとは、歯がなくなった部分のあごの骨にドリルで穴を空け、そこにチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、最後に人工歯(上部構造)を被せる治療方法です。

インプラントのメリット

しっかりと噛むことができ、他の歯にも負担をかけません

あごの骨で人工歯を支えるためしっかりとよく噛むことができます。また、隣の歯に引っ掛けて使う部分入れ歯や両隣の歯を削らないといけないブリッジとは異なり、他の歯に負担をかけないことも大きなメリットと言えます。

安全性を高めるために

インプラント治療は外科処置を伴うため、安全性には十分に配慮して行わなくてはなりません。当院ではできる限り安全性を高くするために、CTとサージカルガイドシステムを活用しています。

綿密なシミュレーションができるCT

CTを使って対象物を撮影すると、奥行きも含めた3次元でのデータを取得することができます。そのため、平面画像に留まるレントゲンに比べて、あごの骨の状態をくわしく調べることができ、インプラント治療を行う上で問題がないかを綿密にシミュレーションできます。

ミスのリスクを減らすガイドシステム

サージカルガイドシステムとは、インプラントの埋入位置や深さ、角度が設定されたマウスピースをつくり、それを手術前に患者さんにはめていただく方法です。歯科医師はマウスピースの穴に沿ってドリルを入れればいいので、ミスが起こる可能性を限りなく低くすることができます。

入れ歯について

当院が大切にしていること

事前処置を丁寧に行うことで、装用後のトラブルを防ぐことができます

入れ歯の治療では、痛みや違和感のない入れ歯をめざして調整を重ねていくことが大切ですが、そのためには、まず、他の歯を治療したり、噛み合わせを正したりするなど事前の処置を丁寧に行うことが重要です。これらがおろそかだったために何らかのトラブルを抱える患者さんが少なくありません。

入れ歯を新規に作りたい方はもちろん、現在利用している入れ歯に疑問やお悩みがある方も子気軽にご相談ください。「快適に食べられるようになった」と喜ばれる患者さんも多くいらっしゃいます。

入れ歯にも種類が有ります

入れ歯には多くの種類が有ります。見た目が切な物や、熱を通しやすく味をしっかりと感じる事のできる物なども有ります。

ソフトデンチャー

 

バルプラスト

 

レジン床義歯

ブリッジについて

ブリッジの説明

ブリッジ

噛む能力は非常に高く、うまく出来ると何でも噛めるようになります。

審美的にも、歯と同じ色の材料を使えば天然の歯と見分けがつかないようなものを作ることができます。

最大の欠点は、両側の歯を削らなければならないことです。
特にその歯が健全な歯の場合には、削ることに抵抗感があります。
削る量もかなり大きくなりますので、その歯の寿命を縮めることになります。